ハウスオブザデッド-キャラクターファイルVol⑧ ハウスオブザデッド2の黒幕!遺伝子工学者+投資家【カレブ・ゴールドマン】

 

カレブゴールドマンカレッブ ゴールドマン)は、遺伝子工学者であり、DBR Corporationの投資家でした。人類の自己破壊的な傾向と自然の虐待を嫌って、彼は人類をその「自然な状態」に戻すため事件を引き起こした。彼は、故キュリアン博士の研究に資金を提供し、それを使って敵対的な生物工学的クリーチャーを生み出し、2つの世界的な事件を起こさせました。

彼はThe House of the Dead 2 The House of the Dead 4の主な敵です。

今回は【カレブ・ゴールドマン】について紹介していく!!

 

アーケードゲーム以外でも??

 

アーケードゲームが初の人気作ですが
旧作品であれば家庭用ゲーム機でも遊ぶことができます。

 

 

 

 


特にWii版のハウスオブザデッド2・3セットは
Wiiリモコンの操作性のおかげでアーケードゲームと違和感なく
プレイでき移植も問題なく完成度が高い作品です。

 

 

 

 

またタイピングゲーム・ピンボールゲーム・英語力育成ゲームなど
様々な派生タイトルも多く発売されておりガンシューティングとは
また違った面白さがあるので魅力的だ。

 

 

伝記情報

髪の毛:ブラック
目:褐色
性別:男性
年齢:40代前半(2000)
死亡日:2000年2月26日
サービス:DBR株式会社

年表

 

生い立ち

 

カレブゴールドマンは、世界的に有名な正体不明の金融グループの長でした。ゲノム理論の専門家、彼は人類が自滅的であり、ますます頻繁に起こる戦争、自然災害、新たな病気を証拠として引用していると信じていた。彼の究極の目標は、すべての人間を破壊することではなく、単に「彼らを自然な状態に戻す」ことでした。

ゴールドマンは、1880年にDBR CorporationのリサーチディレクターであるCurien博士およびThornheartという名前の謎の男の先祖とともに、彼の祖先によって設立された組織にも関与していました。

 

BioReactorプロジェクトの資金調達

ロイ・キュリアン博士の死体近くのゴールドマン。

ゴールドマンは、敵の生命体を生産するDNA編集機であるBioReactorを使用したCurienの実験に資金を提供しました。

これらの努力は、キュリアンに正気と命を奪った。1998年12月20日、彼は彼の作品の1つであるMagicianに殺されました。AMSの政府機関はこの脅威を撃退しました。

ゴールドマンは、事件後しばらくしてキュリアン邸を訪れ、キュリアンの死体を見つけた

 

 

ハウスオブザデッド2 2000年の事件

彼の40代前半では、ゴールドマンは彼に多くのクリーチャーを開発本部で生み出していた

彼は魔術師を再開発し、人類を支配することを意図した存在である皇帝も生み出しました。

ゴールドマンは2000年2月26日に名前のない都市でクリーチャーを解放しました。彼はAMSエージェントのエイミー・クリスタルの電話にメッセージを残し、彼女とパートナーのジェームス・テイラー、ゲイリー・スチュワート、ハリー・ハリスをコロシアムで彼に会うように市民に招待しました。エージェントは分裂しましたが、Strengthという名前のクリーチャーがエイミーとハリーを捕獲しました。後者は負傷しました。ゴールドマンは巨大なスクリーンに現れ、、再び会うのを楽しみにしていると主張した。

 

 

ジェームズとゲイリーはゴールドマンの本部に向かいましたが、ゴールドマンは皇帝になりました。直面したとき、彼は天皇を彼らに解き放つ前に彼の動機を説明した。皇帝が破壊された後、彼は穏やかに「後継者」が来ると主張した。

 

彼はその後、本部の上に後ろに寄りかかって自殺した。

 

 

 

2003「パンドラの箱」イベント

 

3年後、ゴールドマンの計画は死後も続きました。生物の復活で、彼は核ミサイルを発射して世界の人口を規制しようとしました。[6]レコーディングでは、彼は自分の計画を「パンドラの箱」という言葉に繰り返し関連付けました。

核ミサイル発射は、地下の機密情報室でジェームズと新しいAMSエージェントケイトグリーンによって発見されました。ジェームズはその後、ゴールドマンから彼のPDAに関する電子メールを受け取りました。ゴールドマンは、打ち上げまでの1時間のカウントダウンを開始する前に「すべてが設定されている」と述べました。エージェントはゴールドマンの本部に向かって走り、ゴールドマンの「別れの願い」として自分の力を試すことを求めたクリーチャーであるスターを破った。スターが爆発した後、ジェームズは負傷しました。

ゴールドマンは、彼のオフィスでの核ミサイル発射を無効にした後、エージェントにメッセージを残しました。発射の背後にある動機を説明し、パンドラの箱の「[開く]」ことを止めることはできません。これに続き、完全に成熟した世界が建物の中庭の下から現れ、ジェームズとケイトと戦った。ジェームズは最終的にPDAを自己破壊するように設定し、結果として生じた爆発で自分自身を犠牲にして世界を破壊し、最終的にパンドラの箱を閉じました。[11]

ゴールドマンのコンピューター上の別のメッセージで、彼は「北へ旅する」ように視聴者に不可解に言って、「そのような素晴らしいものである」という希望を結論付けました。

 

人柄

 

ゴールドマンは、ストイックで、遠い、計算的な人間でした。彼が「友人」と呼んだ敵に直面し、敗北したときでさえ、彼の声は決して穏やかではなく厳しいトーンを上回った。彼が怒りを示すのに最も近かったのは、ジェームス・テイラーとゲイリー・スチュワートに「罪」の人が犯したことを説明することでしたが、それでもゴールドマンの口調は留保され、制御されました。

彼は、人類が自己破壊的な傾向、自然破壊、過度の「繁殖」により人類がどうなるかについて深いdeep辱を抱いていた。彼はまた、人間によって引き起こされた破壊のない世界という彼のビジョンが実際に実現するという、冷静で揺るぎない自信を持っていました。それは彼が成功するかどうかの問題ではなく、敗北が避けられないものを遅らせるだけの場合の問題でし

これと同じ堅実な信仰が、おそらく彼がそのような穏やかさで建物を降りた理由です。彼が皇帝の敗北についてジェームズとゲイリーに言ったように、すべては終わりにはほど遠いもので、彼はすでに皇帝の後継者のためにパンドラの箱の形で手配をしていました。彼は、彼の死後も彼の計画が実現することを絶対に確信していました。

ゴールドマンも知能があり、ゲノム理論に関する広範な知識を持っていると言われています。

 

エンディングの外観

ゴールドマンはまた、他の複数の語尾に現れるザ・ハウス・オブ・ザ・デッド2 、4、及び死者の型付け。これらのエンディングは、音色または将来のゲームで確立されたもののため、標準ではありません。

  • ザ・ハウス・オブ・ザ・デッド2 、ゴールドマンは、生き物としての彼の本部の入り口に表示されることがあります。
  • The House of the Dead 4の別の結末では、ゴールドマンが彼の記録で「希望はそのような素晴らしいものだ」と言った後、彼は眼鏡を外すかもしれません。カメラは顔をズームインし、目が突然赤くなり、肌に傷が現れます。
  • タイピングオブザデッド2のパロディ)には、皇帝の戦いの最終段階で選択した答えに応じて3つの可能なエンディングがあります。これらの結末は、ゴールドマンがジェームズとゲイリーに別れを告げた後に起こります。
    • 元のゲームと同じように、ゴールドマンは身を乗り出し、建物から落ちます。ゴールドマンの転倒は適切な漫画効果音を伴い、転倒全体が見られます。この影響により、大規模な激しい爆発が発生し、エージェントは言葉を失い、d然とします。
    • ゴールドマンは身を乗り出して建物から落ちますが、バンジーコードが足に結び付けられています。彼は跳ね返り、建物の端に着地し、げっぷをします。
    • 倒れそうに倒れる代わりに、ゴールドマンは空に向かってまっすぐに飛んでいくと、手とおならを上げます。エージェントは見つめ、言葉を失い、d然としました。

 

 

トリビア

  • オリジナルモードで使用するゴールドマンコスチュームは、The House of the Dead:2&3 Returnを含むゲームのホームバージョンで取得できます。
  • 実写の続編映画House of the Dead 2で、ゴールドマンは、第1世代の血液を「ゴールドマンファーマシューティカルズ」に売ろうと考えていたコマンドーの1人によって簡単に言及されました。
    • 未完成の続編House of the Dead 3では、ゴールドマンが主な敵として登場する予定でした。

画質を求めるならエミュレーターがおすすめ

 

もしいまからハウスオブザデッドシリーズを遊びたい方も
Wiiなどのグラフィックではなかなか厳しいものがあります。

 

しかしエミュレーターを使用すれば
HDリマスターのように美しい映像でゲームを楽しむことができます。

 

↑こちらでエミュレーターの設定・導入法を紹介

 

導入自体は簡単ですので導入してみては???

 

攻略チャート一覧記事

 

 

↑チャート①の攻略とBOSS撃破法

 

 

↑チャート②の攻略とBOSS撃破法

 

 

↑チャート③の攻略とBOSS撃破法

 

 

↑チャート④の攻略とBOSS撃破法

 

 

↑チャート⑤の攻略とBOSS撃破法

 

 

 

 

 

↑チャート⑥の攻略とBOSS撃破法

 

 

攻略豆知識

 

 

↑チート一覧とアンロック方法

 

↑エンディング一覧とクリア条件

 

 

↑ハウスオブザデッドⅡに登場する敵ゾンビまとめ

 

 

↑ゲームプレイモードの仕様・クリア条件

 

 

↑隠し武器マシンガン・ショットガンなどのアイテム入手箇所・性能一覧

 

 

↑トレーニングモードのミッション一覧とスコアクリア条件

 

 

↑1プレイヤー+2プレイヤーの協力プレイ時の難易度・ゲームシステムの変更点

 

 

 

登場キャラクター一覧

 

↑HOD2メイン主人公ジェームス・テイラーの詳細

 

↑若き新米AMSのエージェントの詳細

 

↑AMSの紅一点エイミー・クリスタルの詳細

 

↑AMSのエイミークリスタルのパートナー

 

 

↑ハウスオブザデッド2の黒幕

 

まとめ

今回はハウスオブザデッド2の黒幕 ゴールドマンについて紹介しました。
<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です