なぜゾンビ(Zombie)・腐敗死体の歩行はのろのろと遅い足を引きずりながら歩くのか?脳科学の分野から考察とその理由

 

 

映画『死の夜明け』(1978)では、数週間住んでいたモールにゾンビが侵入する場面があります。その後、この侵略により、外に集まるゾンビの大群が場所の自由な範囲を許可されます。ゾンビがゆっくりと不器用に動き回っている間、人間はゲームをしている。アンデッドは非常に遅いため、人間は個々のゾンビの脅威を簡単に振り分けます。人間が圧倒されるまで、本当の脅威はありません。

ゾンビのゆっくりとした動きは、恐らく彼らの行動の最も識別可能な特徴です(もちろん、噛んで肉食すること全体の次に)。誰かにゾンビになりすますように頼みます。彼女が最初に行うことは、腕を伸ばし、スタンスを広げ、足を固くし、低い喉のうめき声をあげることです。それは、映画では、ゾンビが死からよみがえるとすぐに歩き始めるからです。

これは、彼らの脳に何が起こったのかについての非常に重要な手がかりを私たちに提示します。

今回は【ゾンビ(Zombie)・腐敗死体の歩行はのろのろと遅い足を引きずりながら歩くのか?脳科学の分野から考察とその理由】について紹介!

 

まず、私たちの動きを引き起こす脳内の経路を考えてみましょう。

 

生物学と神経科学の視点から・・・

 

「より高い」認知機能(別名思考)は、神経科学のすべての栄光を手に入れる傾向がありますが、脳が多くの深い思考をする前に、それは多くの動きをしました。実際、一部の科学者は、私たちが脳を持っているすべての理由は、私たちを環境の中で動かすことだと主張しています。

 

 

 

この議論の論理は、ホヤと呼ばれる小さな海洋生物の観察から生じます。

なんで【ホヤ】が関係あるんだ??と思いますよね・・・

 

ホヤは脊索動物門の小さくて進化的に古い動物です(科学者が「進化的に古い」と言うとき、生命体は何百万年もの間比較的変化のない状態にあったことを意味します)。幼い頃、ホヤは幼虫であり、非常に原始的な脳と感覚器官を持っています。

幼虫の発達段階での目標は、泳ぎ回り、止まる岩を見つけることです。例えば、ちょうど流れるオーガニック食品がたくさんある素敵な安全な岩のような適切な家を見つけると、ホヤは頭を外側にして自分自身を取り付けます。それからそれは基本的にそこに座って、浮かぶように食物を捕まえます。

 

ここで驚きですがなんと泳ぐ必要がなくなると【自分の脳を食べてしまいます】

 

その行為を生物学者と神経科学者は、これが進化的に有利であると主張しています。

実は代謝の観点から見ると、脳は本当にカロリーを消費します。つまり、脳を動かし続けるには多くのエネルギーが必要であり、口を付けた岩の上の棒にすぎないとき、エネルギー(食物)を手に入れるのはかなり困難です。そのため、脳のような代謝的に高価な臓器が不要になったら、それを取り除くだけの方が良いでしょう。

したがって、ホヤはその環境をナビゲートする必要がなくなり、単に脳の必要性を失い、それを排除します。しかし、自然に無駄にしたいのではありません。「廃止する」ということは「食べる」ことを意味します。したがって、ホヤは自分の脳を消化します。

 

 

 

ゾンビとホヤの違い

 

幸運なことに、私たち人間は岩にくっついただけのものではありません。動き続ける必要があります。食べ物が私たちのところに勝手に来るわけもないので、ただ座って自分の脳を消化することはできません。ブロックを下って地元のファーストフードチェーンに車を運転するだけでも、外に出て食べ物を手に入れる必要があります。これは、脳にとって運動は命だからです。

 

残念ながら、同じことがゾンビにも当てはまります。人間がゾンビに走ることはめったにないので、歩いている死者は食料源に行かなければなりません。つまり、ゾンビにも頭脳が必要だということです。まあ、彼らの脳の少なくとも一部。

脳の主な機能が世界を動き回ることであると仮定すれば、多くの神経領域が行動の計画と実行に充てられていることは驚くことではありません。実際、環境を簡単に移動するために必要な計算は、皮質領域と皮質下領域の両方の広大な領域に分散しています。それでは、私たちを動かしている多数の脳システムの中を歩きましょう。

 

私たちの自発的な運動の大部分は、前頭葉と頭頂葉の4つの主要な葉のうちの2つで、新皮質で始まります。主に空間認識を維持する頭頂葉のニューロンと、意思決定を制御する前頭葉のニューロンは、次に何をすべきかについて常に交渉を続けています。対話が次のようになることを想像できます。

 

親愛なるローブ:「おい、左に30度のおいしいブロッコリーがあります。」フロンタルローブ
:「ブロッコリー?ありえない!もっと素晴らしいものが欲しい!」
PARIETAL LOBE:[ため息]「OK、右に10度のドーナツはどうですか?」
FRONTAL LOBE:「今話しています。おい!右腕!注意、右腕!上腕三頭筋、三角筋、および手の筋肉を準備します。

私たちは、リーチをするつもりだ「。運動野: 『!Jawohl、主前頭皮質』

 

ここでの愚かな小さなスケッチでは、頭頂葉が環境内にあるものに注意する場所を示し、頭の前部の前頭皮質が何をすべきかを決定します。次に、前頭皮質の後部の運動野が動きを起こさせます。

聞いたことがあるのとは反対に、運動皮質は1つだけではありません。実際、前頭葉全体に広がる「モーター」エリアがいくつかあり、運動計画の基礎を提供します。これらは運動計画の中間管理と考えることができます。彼らは前部から伝えられた決定を取り、腕、脚、および他の筋肉の重いリフターが何をすべきかを知っている計画にそれらを回します。それは思ったほど簡単ではありません。

 

 

次のシナリオを考えてみましょう。あなたは、ゾンビが診察台に非常に根気よく座っており、乾燥した嫌なひざの上に手を置いています。不器用な白衣を着たオタク科学者たちは、あなたの目の前においしい肉の塊を置きます。アンデッドの前頭葉に残っているものはすぐに「GO GET THAT!」と表示されます。

ゾンビはアンデッド羊を夢見るか?:ティモシー・バースティネンとブラッドリー・ボイテクによるゾンビの脳の神経科学的見解

しかし、そのおいしい肉を実際につかむ前に、運動前領域と呼ばれるアンデッド脳の運動計画領域は、ひざからおいしい肉に手を入れる方法を見つけなければなりません。おいしい一口を見ることができますが、ひざから肉の塊まで手を離すプロセスはかなり複雑です。どういうわけか、あなたの脳は、あなたの眼球の後ろから投影されている世界の地図を、あなたの骨をてことして使用する筋肉収縮の計画に変換しなければなりません。ダンス-ここを除いて、操り人形マスターはあなた自身の脳です。

外に歩いて死んでいる大群に注意を戻そう。ゾンビの動きは遅く、硬く、調整されていませんが、ゾンビは正しい方向の動きを計画できるようです。つまり、ゾンビがあなたの方に突進したいとき、それはほとんど正しい方向を取得します。それがあなたに手をつけたら、問題なく把握し、保持します。したがって、皮質運動系はすべて無傷のように見えます。それで、何が間違っているのでしょうか?ゾンビに見られる運動機能障害のもっともらしい候補として残された唯一の本当の神経犯人は、大脳基底核と小脳です。

この制限を考慮して、大脳基底核が機能不全になったときに何が起こるかを考え、小脳で何かがうまくいかないときと比較してみましょう。どちらの場合も、人々は歩くことや動きを調整するのに苦労しますが、その方法は劇的に異なります。たとえば、パーキンソン病では、人々は前かがみの姿勢を発達させ、短いシャッフルするステップを踏むことで歩行します。また、非常に明確な目標なしにアクションを生成することも困難です(フリーズする傾向があります)。対照的に、脊髄小脳性運動失調症の人は、硬くて広い脚のスタンスを発達させ、大きな、腰を伸ばすステップを踏みます。そして、パーキンソン病に苦しむ人々とは異なり、これらの患者は運動を開始するのに問題はありません。

この情報を使用してゾンビの脳を診断するにはどうすればよいですか?映画では、歩く死者が硬く、広い脚のスタンスを持ち、大きく歩き回る歩行をしていることが示されています。彼らはゆっくりと(ほとんどの場合)動きがちで、スムーズで調整された行動を欠いています。しかし、彼らは運動を始めるのに苦労していないようです。実際、ゾンビはほとんど常に動き回っていて、動きを開始する際に問題を起こすことはなく(新しい犠牲者に手を伸ばすなど)、動きの途中で失速することはありません。また、シャッフルしたり、姿勢が曲がったりしません。

これらの理由により、ゾンビに見られる一連の症状、広いスタンス、腰の低い歩行、凍結の欠如、行動の一般的な計画と実行の容易さは、小脳変性のパターンを反映していると主張します。つまり、小脳機能障害は、ゾンビ感染の運動症状の多くにつながるでしょう。ただし、皮質運動野と大脳基底核経路は比較的無傷でなければなりません。

この時点では、本当に抜け目のないゾンビ映画ファンのような映画を見ていない人のために「?何速いゾンビについて」、聞いてきます世界大戦Zを28日後、または2004年リメイク死者の夜明け速いです」、ゾンビ」には運動機能障害はないようです。彼らは素早く動くことができ、調整の問題はないようです。「速いゾンビ」が示す恐ろしく調整された動きを考えると、彼らの小脳はおそらく無傷であると私たちは信じています。速いゾンビが動くかもしれないどんな困難も、どんな種類の神経損傷よりも彼らの腕と脚が腐敗しているという事実により関係があるようです。

実際、この表示の違いにより、ゾンビの流行の病因に重要な手がかりを与える可能性のある障害のさまざまなサブタイプの神経学的分類を開発することができます。

サブタイプI(動きの遅いサブタイプ):最初に観察された疾患の亜種。
サブタイプII(高速移動サブタイプ):健康な運動協調によりサブタイプIバリアントと区別されます。

 

 

 

ここで、街中で人間を襲うゾンビについて考えましょう。彼らはゆっくりズルズルと歩いてきますが、おそらく正しい方向に進むよう、脳ミソは働いているようです。のろのろ歩いても、一旦人間を掴めばあとは楽勝、噛み付くだけですね。

つまり彼らの皮膚運動は損なわれていないものの、大脳基底核と小脳が運動機能障害を起こしているものと考えられるのです。

これが起こると、人々は歩行と動作の同調が劇的に難しくなってしまいます。例を挙げるとパーキンソン病では、前かがみの姿勢をとり、短い歩幅でもつれた足取りで歩くことになってしまうのです。

加えて彼らは、明確なゴールを決めない限り行動すること自体が難しくなり、時には動きが固まってしまうこともあるのです。対照的に、脊髄小脳性運動失調は硬直を発生させます。固まった脚が歩幅を大きくさせ、のっしのっしと歩くようになるのです。しかしこの患者の場合はパーキンソン病とは異なり、動作がもつれることはありません。

ではこれらの症状を、どのようにゾンビに当てはめられるでしょうか? 映画の中での生ける屍たちは、伸びきった脚で大幅に歩く様子で登場すると思います。そして動きは緩慢で、動作はぎこちないものとなっていますよね。

ですが彼らは、決して目的を持った行動に困っているようではありません。実際彼らはいつも動いています。生きている人間に向かって歩く行動そのものは問題ないようですし、途中で立ち往生することもありません。ついでに姿勢は曲がっておらず、背筋はピンとしています。

このような理由から私たちは、目標を見失わず歩幅を大きく歩行するゾンビたちの症状は、小脳変性の反射パターンが起こっているという話になりました。しかしながら、皮膚運動と大脳基底核の通り道は比較的無傷だと言えます。

なるほど、「脊髄小脳性運動失調」なのですね。ということはゾンビたちは、心肺機能は停止しているものの、なぜか脳ミソは神経を伝って筋肉に伝令を伝えているわけなので、ヤツらを本当に殺すにはやっぱりを斬ったり、頭部を散弾銃でブっ放したりするのが有効なのもこれで立証されますよね。

ちなみに、『28日後…』で全力疾走を始めた感染者、そして『ドーン・オブ・ザ・デッド』でダッシュをするようになったゾンビですが、彼らは皮膚運動機能がまだ損傷していないから、あれだけ爆走することが可能なのだろう…ということです。あれは死にたてホヤホヤのゾンビにしか出来ない芸当ってことになります。

この本の著者であるおふたりは、たまたまジョージ・A・ロメロ監督にゾンビの歩き方について質問する機会を得られたそうです。それについて監督の答えは…?

—————————————

 

まとめ

 

ジョージ・A・ロメロ監督曰く

 

【ヤツらは死んでいるんだ。ヤツらは硬直している。あんたらだって、死んだらああいう風に歩くだろうよ。】

だそうです。科学的な検証はなしにしても、監督なりに考えられて出来た歩き方なのでしょうね。

私たちの神経科学の本能に訴える答えではなく、次のゾンビの黙示録でテストするための優れた代替仮説として考えましょう笑

 

 

<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です